オレンディ_考察

Sun, 16 Jul 2017 02:47:44 JST (1968d)
Top > オレンディ_考察
orenji-.png
提供⇒@FDyayoiさんThx!!!

概要

CCスキルにほぼ頼らない純火力だけで敵やミニオンを消し去っていくキャラクター。
そのため、敵のHPや自分のスキル火力を把握して倒せる敵をきっちり倒していくことが大事。
しかし、アルティメットを手に入れるまではあと一歩火力が足りないので、レベル5になるまではミニオンを処理しながら建造物を破壊し周りが戦いやすいように動こう。
レベル5になったらピラーとパラダイムのコンボで敵を混沌へと陥れよう。
耐久力や技の遅さと引き替えに、単体火力も瞬間火力も範囲火力も高水準ということで、攻守どちらでもいいので、何かしらしてくれる味方が居れば、それだけで大活躍できる。つまり侵入熔解で強い。一方、一対一の増える占領対決では若干使いにくい場合もある。

 
  • 夏アプデ変更点
    ▼メインとサブの攻撃力10%低下
    ▼パラダイムの当たり判定が縮小(サイレント修正?)
    ※エフェクトより若干大きかった判定が、ぴったりエフェクト通りになった。
    ▼LV10中ピラーストーム変更
    :発生するピラーのサイズが50%減少(半径が約半分の小型ピラーになった)
    :発生範囲がUltの範囲内に縮小(ultがヒットしないとピラーが発生しない)
    !アタッカーはプレイヤー以外へのダメージが15%UP
    !レジェギア仕様変更。特にボーラコスト増&3行目発動に一定ダメージ(?)が必要に
     
    元々低めだった通常攻撃の威力は、もはやサポーター級の水準に。ただ、アタッカーボーナスにより、ミニオンに対しては以前と変わらなかったりはする。
    パラダイムの修正は、「あれ?なんかオマケが釣れたぞ」という案件がかなり減ってしまったが、狙った相手に当てる分にはそこまで影響はない。大きいのはピラーストームの修正で、侵入最終盤の、一発で敵陣壊滅大逆転というのはほぼ出来なくなってしまった(できてたのがおかしかったのだけど!)。
    他の変更は無いのだが、このピラーストームの変更(と、ボーラの仕様微変更)に伴い、スキルのシナジー関係も微妙も変わってきており、習得ヘリックスは再検討の余地あり。

キャラ相性

※項目の編集について (^_-

+  ...

この項目では、敵として苦手なキャラ、いると助かる味方キャラなどを
目安として記載していく欄です。
味方でいれば必ずこのキャラをピックしなければならない、
敵に相手がいたら必ずこのキャラが相手しなければならない、等の
セオリーを強制するような記載は控えてください。
もし上記のような記載がされていた場合、管理人判断で予告なく削除する場合があります。

 
  • 味方チーム
    役割はプッシャーに近い。隙さえあればキルを狙えるアサシン級の瞬間火力があるのだが、オレンディ自身にその隙をつくる手段が殆どない。隙をやや強引にでも作れるCC持ちや目立つ火力スキル持ちがいると、キルが狙えるようになり、敵が半端な体力でうろつけなくなる結果プッシュしやすくなる。本人の耐久力に難がある事もあり、その辺りをフォローしてくれるタンクやヒーラーもありがたい。(プッシャーは大体そうだが)ほぼ全キャラと相性がよく、相性の悪い味方が居ない。
    (基本的に侵入前提)
    • モンタナ(他、体の大きいタンク)
      単純に自分への攻撃が減るので動きやすくなる。本人は比較的小さいので、大きなタンクは物陰として攻守に利用できる。現状タンクと言われるキャラは皆CCを持っており、キルを狙う隙も提供してくれる。大いに頼ろう。
    • ラース(他、ノックアップやスローやスタン持ちのキャラ)
      ラースのカタリックスマッシュはわかりやすく敵に隙を作ってくれるので、追撃を合せやすい。やや後方から中距離に素早く火力が飛ばせる上、スキルが使えない時間も短いため、チャンスを逃がしにくいのが他キャラに無い利点。各キャラのCC技を把握しておき、使うのが見えたらすかさず援護射撃の構えをとれるようにしたい。
       
  • 敵チーム
    奇襲的に短時間攻める分にはとても強いが、正面から単騎で敵に打ち勝つのには腕とスキルが必要。相手に強みを発揮されると辛い。また耐久力が無いため、CCなんて貰うとほぼデス確定。プッシャーではあるが、最前線にはあまり顔を出したくない。
    • ガルトアラーニ(他、目立つCC持ちや多くのアサシン系近接キャラ)
      オレンディのライフが低いのは周知の事実なので、獲物として狙い撃ちにされる場合がある。実際、CC技にあたった時点でデス確定なケースが多い。あまり酷ければ、攻撃はそこそこに、普段より回避を意識し、むしろ囮として動こう。
    • マルキトビー(他スナイパー)
      こちらを一方的に撃てるキャラ。小さいので当たりにくいが、相手の腕次第では強みにならない。耐久力が無いので、狙撃に気が付いたときには瀕死という事もあり得る。メインの射程が見た目に反して短く、遠距離にいるとどのスキルも届かない。なるべく撃たれる場所にいないようにしたい。
    • モンタナ(他タンク)
      ライフの低い敵なら仮に倒しそこなっても、相手は撤退あるのみなので悪い成果ではないが、例えばモンタナだととても削り切れず、うっかり被弾上等のランバーなんて貰ったら痛み分けどころか一方的デスまである。つまり、スキル火力で削りきれない敵タンクからは、援護射撃の無い状況で出くわしたら操作技術以前の問題で、原則逃げになる。悔しいが、後で囲んで一気に削ってしまおう。幸い、囲むのは簡単なはず。
       

基本武器

メイン武器

ダメージはそこそこあり、リロードや反動も無く牽制にもなるのでとにかく撃つ。
弾速がやや遅いので、当てるには先読みが必要。また、射程距離も控えめなので逃げる敵をメインで追うのは技量が必要。
下図のプレイヤー矢印から特大シャードまでが射程(大雑把なので目安程度に)
shatei_map.jpg

サブ武器

一度に4発の弾が飛ぶが、一発辺りのダメージはメインの約半分で、発射間隔も半分未満。つまりDPSは低いが、メイン攻撃より若干射程は長い模様。

Lv3ヘリックス マインド バレットにより、追尾効果がつく。
この説明、「~近くの敵を追尾する」となっているが、正確には「サブ攻撃を発射した時点でターゲットしていた敵を追尾する」ので注意。狙いはちゃんと定めること。
取れば動く敵にも当てやすくなり、命中精度は大分上げられるだろう。
追尾を選択してない場合でも、チラチラ隠れながらタレットを壊すときなどに有用。

パッシブ

グノーシス
ナリファイを使用するとシャドーファイアピラーのクールタイムが8秒短縮される。
レベル5のヘリックスでグノーシスの機能強化ができ、ナリファイやパラダイムシフトの短縮も可能になる。

スキル

ナリファイ

目の前に爆発を起こして自分は飛び下がる。
見た目より攻撃範囲は広めで自分の周りに当たるが射程は皆無。
敵から離れたいときにはもちろん、グノーシスの効果でピラーのクールタイムが短縮されるので敵に当たらない場所でもどんどん使って、ピラーをたくさん使えるようにしよう。
ただし、ナリファイ自体のクールタイムは21秒とピラーより長いので注意。
ミニオンにピラーと連続で当てられるとあっという間に処理できる。

 

ゲームの仕様として、空中での速度は、スキルなどの影響で上書きされない限り、最後の速度が着地時まで保たれる。そのため、ジャンプしながらや、登りの段差で使うと、後方により大きく移動できる。
応用として、前方にダッシュジャンプしながら使っても同じように後退できる。侵入の拮抗状態でも比較的低リスクで当て逃げできるので、慣れるとナリファイをミニオン処理に使ったり、中衛の敵のわずかな隙にブラインドを当てピラー(からのパラダイム)を合せる選択肢が出てくる。

シャドー ファイア ピラー

地面に設置後1.5秒で発動する火柱を設置する。
オレンディの主力スキルであり、ヘリックスによる強化は大きい所では、
Lv4で継続ダメージの追加or第二波の発動
Lv6でナリファイ後のみ即発動or常時即発動だが威力ダウンor威力強化
Lv9でクールダウン減or命中時に移動速度強化orシールド貫通
が付与可能。他、ステルス解除やライフスティールなども付与できる。
素では入力から発生までの時間差が大きく、慣れないと動く相手には当てにくい。範囲火力技で、スキル上リキャストも比較的早いので、基本的にはミニオン処理に使っていこう。
大きなダメージが出るため、シールドを張っているタレットに放ってメインと合わせてごく短時間での破壊も可能だし、固まっている敵集団や逃げようとしている敵に当ればキルも取れる。動く相手に先読みで当てられるようになれば、立ち回りの幅は大きく広がる。使い込むなら是非マスターしたい。
どうしても難しい場合、Lv6で即発動系のヘリックスの習得を検討しよう。威力は多少犠牲になるが、単騎でアサシン寄りに動きたい場合、先置きに慣れた人でも一考の余地あり。

グノーシスの効果によりナリファイ使用時にクールタイムが8秒短縮されるので、ピラー→ナリファイ→ピラーの瞬間火力コンボができる(いわゆる二連ピラー)。

パラダイム シフト

印を組んでから前方に敵味方貫通の衝撃波のようなものを放つ。
放つまでの印組でしか判断できないため、ミニオンや味方の後ろからこっそり敵を倒すことができるultの発動ボイスが全員に聞えるようになり、以前のような奇襲性は無くなった。ただ、発声から発動までに出来る相手の対応は限られており、特にどこに撃たれるか瞬時に把握して隠れるのは難しい。狙う相手の真正面からだと流石にバレバレなので、味方やレーダーの死角を上手く使っていこう。
このスキルにも射程限界(下図のプレイヤー矢印から特大シャードまで)があるため注意。メインよりも短い。
ultshatei_map.jpg
接近戦なら、ピラー→パラダイム→ナリファイ→ピラーのコンボが手段。万が一パラダイムで敵が生きていてもナリファイで逃げながらピラーでトドメをさせる。

Lv10中のピラーストームは有名だが、現在は実質的には、命中した敵の足元に小さなピラーが発生するのみの、火力強化ヘリックス程度の存在になっている。
※以前は視界に捉えた敵ほぼすべてに発動後(前隙無しで)即ピラーが発生し、上手くすると広範囲の敵を一発で葬れる大逆転スキルであった。このスキルの存在は敵味方とも頭に入れて動く必要があったが、今は特別な警戒は必要なくなった(ult本体に当たってしまったら致命傷なのは相変わらず)。

へリックス考察

オレンディは立ち回り次第でヘリックス選択の幅は広く、一択と言えるような箇所は少ない。できれば全てのヘリックスを覚えて、敵の構成等に応じて適宜選択していこう。(侵入の偏り有)

Lv1

  • 左 【ファイアウォーク】
    ナリファイ時に地面に炎の跡を作り出す
    序盤のミニオンが処理しやすくなる。撒き方が少し難しいが無難。
  • 右 【バーンド&バスティッド】
    ピラー時にピラーと自分の周りのステルス状態の敵を可視化する
    アップデートで自分の周りにも可視化能力が付与され使いやすくなった。また強化されたデアンドや新キャラのペンドルスなどのステルス持ちに対して強いプレッシャーを与えられるので、ステルス持ちがいるなら右、いないなら左を選択するのがオススメ。

Lv2

プッシュバックとブラインドのどちらも有用なので、敵に近接キャラがいる場合やチーム連携で後ろから味方に押し込むなら左、それ以外なら右がオススメ。

  • 左 【ディスミス!】
    ナリファイがヒットした敵をプッシュバックする
  • 右 【ヘイトアイズ】
    ナリファイがヒットした敵をブラインド状態にする
    少し練習と操作タイプの設定が必要だが、ブラインドはミニオン等に当てると動きが止まる。そのため、ナリファイをミニオン集団に当て、即ピラーを撃つと、偏差撃ちをせずとも全員確実に巻き込める。

Lv3

オススメは中または右。

  • 左 【カデンス】
    攻撃速度強化
    無難だが特に劇的でもない幅の強化。他と比べるとやや強化幅が不満か。
  • 中 【マインドバレット】
    サブ攻撃が誘導弾になる
    使いたてでメイン攻撃の性質に慣れないときやロアチャレンジで有用。追尾の性質に慣れれば、追撃時にも便利。
  • 右 【ヒールトリガー】
    ナリファイ時にシールドが即回復する
    数少ない防御系ヘリックス。危ないと感じたときにナリファイで退きつつシールド即回復できる。上手く使えば、生存率と継戦能力が大きく上がる。

Lv4

どちらも一長一短。好みに併せて選択するのが良いだろう。

  • 左 【プリアンブルオブペイン】
    ピラーの爆発前に継続ダメージが発生する(''Lv4:60dmg/0.5sec)
    設置した瞬間からダメージを与えられるので逃げる敵へのフィニッシュや全ヒットでミニオン処理に役立つ。さらにLv10でピラーストームを選択する場合、そのピラー全てにも継続ダメージが発生するようになり、相性がいい。
  • 右 【アンコール】
    ピラー後にダメ半分のピラーが撃てる
    ピラーを2本設置でき、バラバラに設置して壁にしたり、同じ場所に連続で設置して高火力にしたりと、覚えた傍から幅広く運用ができる。また、2発目のピラーも各種ギアや殆どのヘリックスの効果を受ける。単に撃つ練習にもいい。

Lv5

どれも選ぶ利点がある。立ち回りの好みと傾向次第。

  • 左 【プログノスティケーション】
    ナリファイ時の短縮効果強化(-4sec)
    2連ピラーは間を開けずに文字通りの連続で飛ばせる。
  • 中 【ルネサンス】
    ナリファイ時の短縮効果にUltのCTも短縮される(-5sec)
    最も強力なultをより短い間隔で使える。
  • 右 【プログノスティコンボ】
    ピラーを使用するとナリファイのCTが短縮される(-5sec)
    スキル全体の回転率が良くなる。

Lv6

  • 左 【ニヒリズム】
    ナリファイ後のピラーは即爆発(ピラーストームには適用されない)
    中と右の中間といったところ。即爆発と通常のものが混じるので、扱いは難しくなるが、相手も対応が難しくなる。
  • 中 【インスタントグラティフィケーション】
    撃ったピラーが即爆発するがダメージが減少する(-35%)
    ピラーの火力が右選択時の約半分になってしまうのと引き換えに、対人での命中率は大きく上がる(はず)。味方にプッシャーが多くミニオン処理が間に合っている、CC技持ちが少ない、通常ピラーが対人で中々当たらず追撃が上手くいかない等の状況では、一考の余地あり。ストーム時にも即ダメージが発生する。
  • 右 【シャドーフューリー】
    ピラーの基礎ダメが上昇する(+15%)
    無難に強い。素のピラーを当てられる自信があるなら。

Lv7

どちらも見た目通りの利点がある、自分の細かい被弾が多い、味方にヒーラーがいなくて不安であれば右を、そうでなければ左を選択するのがオススメ。

  • 左 【フォースオブウィル】
    全てのスキルダメが上昇する(+15%)
  • 右 【エッセンスセフト】
    全てのスキルダメから体力を吸収する(15%ライフスティール)

Lv8

大雑把に言えば、プッシャーとして動くなら左、アサシンとして動くなら右か。

  • 左 【ラピッドディテリオレーション】
    ナリファイのCTが減少する(-20%)
    結果的にスキル全体の回転率が向上する。
  • 右 【そこを…動くな!】
    ナリファイ発動から2秒間、基本攻撃にスロー付与
    スローを付与した相手にはピラーがかなり当てやすくなる。

Lv9

  • 左 【シャドーファイアストーム】
    ピラーのCTが減少する(-20%)
    基本的にはこちらがCT減少がスキル回しが早くなるのでオススメ。
  • 中 【ファースターファースターファースター】
    ピラー命中時に移動速度強化(7秒間+3%~+12%)
    他でピラーの数を重視し、クールダウンが終わり次第撃つ運用をしていれば、ほぼ常時移動速度が強化される。ただ、その運用だと左が魅力的なため、やや選びにくいか。
  • 右 【ヘイトシールド】
    ピラーにシールド貫通が付加される(60%貫通)
    シールド貫通を選択すると後退するシールド即時回復持ちなど、一部のシールド頼りの瀕死の敵を狩りやすくなる。例えばオスカーやクリースが敵に居たらこちらもアリ。

Lv10

相手が複数固まりやすい侵入では中のストームの活躍が期待される一方で、バトルボーン以外には反応せず、対単体ではそう強くもないため、侵入以外、侵入でも立ち回りの好み(とキャラランク)次第では右や左も有力になる。

  • 左 【ソートリジェクション】
    Ultがヒットした敵にブラインドとプッシュバックを与える
    敵の背後から撃てれば、味方側に瀕死状態で押し込むことができる。その直後にピラーを撃つと大分当たりやすい。対人重視・連携重視なら悪くない。
  • 中 【ピラーストーム】
    Ult発動時に範囲内の敵の足元にピラーが発生する
    「発動時に」発生させるため、隠れて発動すると効果がない事には注意。発動に若干ラグこそあるが、強化次第でHP1000台+シールド程度の相手を消し飛ばせる、屈指の対人瞬間火力と範囲を併せ持つultになる。混戦ならばピラーが一瞬で複数立つため回避も難しくなり、幻のペンタキルも視野にチラつく浪漫溢れるヘリックス。スキルを発動した瞬間ではなく、パラダイムが実際に発射された瞬間に判定が変更になった模様。範囲も大幅に狭くなり、「パラダイムが当たった相手には即ピラーで追撃する」という感じのヘリックスになった。ピラーの元々の発動遅延&ヘリックス上の範囲減少もあり、スロー以上のCCがないと完璧には入りにくくなり、逆に、即爆発ヘリックスとのシナジーの価値が上がった。
  • 右 【カオスの支配】
    Ultを発動した瞬間にピラーのCTが0になる
    ピラー⇒パラダイム⇒ピラー⇒ナリファイ⇒ピラーと連鎖できるようになり、少し隙はあるが、セントリーなどに短時間で大ダメージを稼ぎだせる。Lv4で右(ピラー2連発)を取っていた場合、実にスキル8回の連続使用となる。

おすすめギア

前線を担うプッシャーではあるが、低耐久故に離脱する機会が多く、復帰ついでにシャード集めはしやすい。
相性のいいレジェギアも多いため、コモン2枠+レジェか、0コスシャード+レジェ2枠等を検討しても良いだろう。

  • クールダウン時間
    スキルありきなキャラのため、優先度は高い。具体的に、
    コモン:最序盤から心置きなく起動出来る0コストの反動マイナス。
    レア:(すべてのスキルのクールダウン中)の条件付き回復力マイナス
    エピック:ダッシュ速度プラス&回復力マイナス
    は、いずれもヘリックス選択次第だが中々の好相性。
    Lv4のヘリックス選択も考慮しつつ、起動コストや入手状況も考慮し、スタイルに合ったものを選びたい。
  • スキルダメージ
    マイナスや条件が厳しく、やや起動しにくいのは気になるが、効果は高い。
    幸い、エピックはいずれもマイナス無しなら相性がいい。開き直ってレジェンダリに頼るのも手。
    • 「変幻自在のトリックスター」(専用ギア)
      スキルダメージ、シールド耐久最大値、『ピラーを外すと次のピラー25%強化』
      プッシャー的には論外な3行目だが、対人にピラーを向ける場合、この25%は非常に大きい。合計で30%を超えるピラー強化ギア。意図的に外しておき、キルに備えるまである。ピラーストームにも対応しており、予め一発外しておくと、ultの追加ピラーのダメージも上がる事が確認されている。
      ※夏アプデによる仕様変更後は未確認
      既にプッシャーが他に居て、アサシン的立ち回りをする機会が多そうなら有力。後述の強力なライバルの存在により、主に即爆発のヘリックスを取る場合の選択肢。
    • 「ボーラターゲットファインダー」
      スキルダメージ、攻撃速度、『スキルダメージを与えた相手への与ダメ増加』
      Lv4での継続ダメージ付与後は3行目が勝手にはたらく。かなり条件の緩い20%以上のピラー強化ギアとして扱える。また、ultにも予めピラーを掠らせれば乗る。更にピラーストームでは継続ダメージ部分は必中なため、確実に本体に乗り、全段命中時も専用ギア以上の総ダメージ(データ上は約2000)を叩きだす。
      使用条件が実質的にプリアンブルオブペインを取る(≒即爆発をとらない)というヘリックス選択だけで済み、専用ギアと違い、立ち回りへの制限が緩いのが良い所。
      ※ギアの効果起動に一定のダメージが必要になったらしい。そのため、継続ダメージでは3行目が働かない?要追加検証。
    • 「ヴォクシスコア」
      シールド最大値、スキルダメージ、『スキルダメージを与えるとその周囲にもダメージ』
      シールド最大値系のギアだが、3行目のスキル強化が主用途となる。対単体に対しては大した効果が無いが、対ミニオン集団に対しては、集団の大半にスキル本体と3行目の周囲ダメの両方が入るため、実質的に20%級のダメージ強化ギアとなる。プッシャーとしての能力を重視する場合に噛み合いが良い。スキルダメージ系ギアと両立可能なのもポイントが高い。
  • 移動速度&ダッシュ速度
    持ち前の小ささとすばしっこさが相まって非常に立ち回りがやらしくなる。
    ダッシュ速度はクールダウン時間の二行目にもつきやすい。
  • 最大ライフシールド最大値
    不意のデスを防ぐ。元々ライフが低い分、効果は体感しやすいはず。
    スキルダメージ等、二行目に付いているものを選ぶだけでも一定の効果はある。
  • ボーナスシャード数
    ふらっと大シャード回収には行きやすい方だが、気の利くオレンディちゃんが近接に譲って、緊急でタレットを建てて等とやっていると、なかなかギア起動するほど溜まらない事も。スキルダメージなどどうしても重くなりがちなので、持っておくのは手。
    0コストが鉄板だが、アンコモンの二行目スキルダメージ(弱い敵を倒してから10秒)でリロード速度マイナスのものも悪くない。

へリックス構成

初心者型

LLRRLRRLLR
オレンディ初心者用のミューテーション無しオススメ構成。
ピラーが2回放てるので設置する練習にもなり、連続で同じ場所に2回置けば火力1.5倍のピラーにもなる。
ピラー設置に慣れてきたらレベル4ヘリックスで左を取得しよう。継続ダメージでミニオンや敵を倒しやすくなる。
近づかれたらナリファイのプッシュバックで距離を離そう。

瞬間火力型

LRRLLRLRLR
最終的にピラーが3回連続で出せるようになる構成。
レベル5、9のヘリックスでナリファイ後の15秒のクールタイムを0秒にし、そのあとパラダイムを放つことでレベル10ヘリックスの効果でもう一度ピラーが即時放てる。
ピラー→パラダイム→ピラー→ナリファイ→ピラーの順で撃つと無駄がない

ステルスあぶり出し型

RRRRRRLLRR
レベル1で右のヘリックスを、レベル4で右のヘリックスを取得し、2連ピラーでステルス発見の範囲を拡大しオスカーやシェイン・デアンドペンドルスのステルスをあぶり出しながらピラーの火力増加で削る構成。ミューテーションを選択しないのでランクが低くても使用できる。
ステルス持ちが増えるのでいやらしくプレッシャーを与えられる。

「プッシャー」型

侵入寄りの考察です)

■概要

基本は中衛から的確にミニオン処理をしつつ、隙あらば敵キャラのキルも積極的に狙う、王道プッシャー型。レーン上の押し合いに必要なものを重視する。
ただし、終盤には最大火力のピラーストームによる決定打を狙う。
ピラーを正確におけることと、ピラーストームがある事が前提なので、オレンディのキャラランクが十分上がり、扱いに慣れてきた人向け。
【注意!】夏アプデの複数の仕様変更が全てマイナスに出ており、このビルドの劇的な逆転力や自己完結のシナジーなどは大分劣化した。プッシュ力重視のビルドとしては依然有力だが、ピラーストームをアテにし過ぎないよう注意。

■ギア

噛み合うレジェ1~2と、コモンの組み合わせがベース。一枠の違いで方向性が変わってくるので、代表例を比較してみたい。

1行目2行目マイナスコスト
Cボーナスシャード数-リロード速度0
L「ヴォクシスコア」1920
L「ボーラターゲットファインダー」1920

最終盤の逆転を睨み、火力を大幅に強化するパターン。双方の顔ぶれから、勝負が最終盤までもつれそうな場合や、逆に個人プレーで押しきる覚悟を決めた場合に有力。
オレンディ向けのギアの組み合わせの中では、ピラーをかなり的確に置けないとパワーが発揮できない構成でもある。回った時のプッシュ力は凄まじいが、その辺り自信の有る人向け。


1行目2行目マイナスコスト
Cボーナスシャード数-リロード速度0
Cクールダウン時間-武器の反動0
L「ボーラターゲットファインダー」1920

0コストのクールダウン時間と0コスシャードで序盤を補う形。パッシブの仕様上、クールダウン一つでもスキルの回転率が上がる事や、シャードを建築に回しやすいことから、比較的立ち回りの融通が利く。味方の立ち回りのフォローを強く意識する場合は、こちらの方が使いやすい。

■ヘリックス

  • Lv1 L ファイアウォーク
    基本はミニオン処理の足しになる左だが、ステルス持ちが居れば右でいい。
  • Lv2 R ヘイトアイズ
    相手に当てて隙を作るというより、離脱及びスロールの足止めに有効。
  • Lv3 R ヒールトリガー
    シールド回復により、自身の隙を減らしつつ、前線に留まれる時間を増やす。
  • Lv4 L プリアンブルオブペイン
    ラーストームとの相性も見てこちら。
  • Lv5 R プログノスティコンボ
    迷うところだが、ナリファイ(=シールド回復)の回数を増やすのが有力。
  • Lv6 R シャドーフューリー
    使用頻度からも命中回数からも威力からもピラー強化一択。
  • Lv7 L フォースオブウィル
    威力強化。耐久面はシールド回復と味方を上手く使って誤魔化しきる方針で。
  • Lv8 L ラピッドディテリオレーション
    ナリファイの使用回数が増える=ピラーの回数やシールド回復の頻度が増える。
  • Lv9 L シャドーファイアストーム
    主力であるピラーの回数は多いに越したことはない。
  • Lv10 M ピラーストーム
    大分弱体化はしたが単体へのキル力は依然高い。

■立ち回り

LV7辺りまでの火力がどんどん伸びる。キルもミニオンも貪欲に狙い、特に序盤はタレットもどんどん触り、意識してレベリングし、火力で押す循環を作っていこう。

  • Lv1~Lv4
    序盤はミニオン処理を特に優先する。ピラーを当てれば良いが、場合によってはナリファイを当てにいってもいい。序盤はよほどの事が無いとキルは狙えないので、当てればキル確定or囲んでいるのでもない限り、単独の相手キャラを狙う事はないだろう。ただし、アクセラレーター等構造物やクリースのリフトやアンブラのサンスポットなど設置物を巻き込めそうなら、どんどん巻き込んで壊していこう。
    ただ、最前線に出て敵陣奥のミニオンにピラーを当てようとかしないように。オレンディに代わって前衛に立つor一緒に弾幕を張ってくれるキャラが居るはずなので、無理せず彼らと一緒に処理しよう。最前線(のキャラ)から一~二歩退いた位置から、射程に入った時に撃つくらいが、立ち位置的にもタイミング的にもちょうどいい。
    ライフが低いので、こまめに退いてシールドを常に最大にすること。最前線に出るのは、極力シールド全快&ナリファイ使用可能な時だけにして、ピラーを放ったら色気を出さず素早くナリファイで撤退しよう。
  • Lv5~Lv9
    中盤になりUltを覚えるといよいよオレンディの真価が発揮される。
    ミニオン処理はしっかりやりつつ、シールドが剥げて体力が減った敵をピラーとパラダイムのコンボでキルしよう。キルの経験値はこの段階だとかなりおいしいので、パラダイムで確定キル出来る敵がいないか、よく観察しながら戦いたい。
    基本は敵をキルしにいく時は、ピラーからのパラダイムを徹底するのがオススメ、相手の回避ルートが限定され当てやすくなるほか、思わぬ敵が釣れることもある。
    敵ばかり狙わずに、押されている時にはミニオンの処理にパラダイムを撃つ選択肢があるのも覚えておこう。
  • Lv10
    Lv10になってからの強烈なプレッシャーは無くなってしまった。しかし、パラダイム本体に当たれば間違えなく致命傷は負わせられる。予めピラーを当てる必要性が若干下がるので、必中の状況なら、いきなりパラダイムから入るのも有力な選択肢に。また、出し惜しみする必要も薄れたので、はぐれてる敵がいたら容赦なく撃って、一つでも確実にキルを取っていきたい。
     

アサシン型

熔解寄りの考察です)

■概要

プッシャーは既にいる前提で、定位置に留まらず、神出鬼没に敵キャラのキル及び撃退を狙う型。ピラーの即爆発をとり、また姿をくらます事で、体力の減った敵の行動を制限する。
※という即爆発をフルに活かすためのビルド

■ギア

1行目2行目マイナスコスト
Cボーナスシャード数-リロード速度0
Cダッシュ速度-武器の反動0
L「変幻自在のトリックスター」1800

序盤からシャードの回収を積極的に行う前提で、やや重めの構成もアリではある。ただ、立ち回り上その足で構造物の面倒を見やすい面もある。余ったらエリートボットにでも回せばいいとも言える。2枠目はその辺りを睨んで、足まわりの強化か、構造物コスト減が候補になり得る。腕に自信があればレジェギアを積んでも良いだろう。
即爆発との相性上プリアンブルオブペインを取れない。そのため「ボーラターゲットファインダー」の相性は悪く、一方「ファームウェアアップデート1.51c」や専用ギアの相性は良い。ただし、そこまで気合いを入れてスキルを連発する構成でもないため、例では専用ギアを優先している。

■ヘリックス

  • Lv1 R バーンド&バスティッド
    ステルスで逃げる敵を仕留める。ステルス持ちが居なければ左で。
  • Lv2 R ヘイトアイズ
    相手に当てて隙を作る。離脱時にも有効。
  • Lv3 M マインドバレット
    追撃能力を上げキル力を高める。
  • Lv4 R アンコール
    Lv6との兼ね合いでこちら。
  • Lv5 M ルネサンス
    最大のキル力を誇るult優先。
  • Lv6 M インスタントグラティフィケーション
    避けようのない高火力は前線キャラには恐怖でしかない。
  • Lv7 L フォースオブウィル
    威力強化一択。ライフはサプライで回復すればいい。
  • Lv8 R そこを…動くな!
    悩みどころ。単独なら左で良いが、味方が絡む場面ではスローが欲しい事も。
  • Lv9 L シャドーファイアストーム
    他が扱いにくいのでこちら。
  • Lv10 M ピラーストーム
    ほぼ必中ピラーは対単体運用にも耐えうる。

■立ち回り

概要の通りで、退くのが一瞬でも遅れれば命取りになるという状況を演出したい。そのために、弱った敵に気が付かれずに近づく嗅覚と、仕留めるエイム力、追撃後逃げてくる技量に、弱った味方のもとに駆けつけるヒーロー感(?)が必要。双方の状況をよく観察することが特に大事。一部はペンドルスの運用に似る。

  • Lv1~Lv5
    ピラーはまだ通常版。レベリングのために、通常のプッシャー的な立ち回りをしていてよい。ただ、通常攻撃を飛ばす暇があったら、近接から横取りしない範囲で、シャード回収に励みたい。自身が不在でも前線を維持してもらうために、構造物の維持・確保はわりと重要。怪しいようなら、エリートポッドもガンガン送ろう。
  • Lv6~
    ピラーが即爆発する。以降は同じ位置に何秒ととどまらず、あらゆる角度から奇襲を仕掛け続け、相手を休ませない事を意識し、出来る事ならレーダーにも極力映らないように(=敵の視界に入らないように)したい。追い討ちもまっすぐ追いかけるよりは、回り込みを意識していこう。
     

    最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

    • たたき台作成してみました。気になるところがあれば修正お願いします。 -- PC 2016-06-23 (木) 16:19:05
      -誰も修正してくれないので自分で修正 -- PC 2016-07-27 (水) 16:06:56
    • よく書けてるから異論がないんだよみんな!そしてめっちゃ詳細にしてくれてありがとう アクセス解析見るとこのページめっちゃ見られてるよー! -- 管理人 2016-07-28 (木) 03:56:20
    • たたき台作ったへ、異論出すどころかオレンディとても参考になってます、ありがとうございます -- 2016-07-28 (木) 05:22:38
    • Lv3左のレッツバウンスってナリファイが前にすっ飛んでいくスキルかと思ったら横や後ろにもジャンプできるのね -- 2016-10-22 (土) 03:05:30
      • あれが便利すぎてあれか真ん中の誘導の二択になってる。糞回線マッチングなら真ん中通常なら左って感じ -- 2016-10-22 (土) 16:55:32
    • レンディのピラスト編集その他ありがとう!ある意味バトルボーンを揺るがす修正だったのに失念してたわ -- 管理人 2017-07-12 (水) 00:18:08
    お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White