ウィスキーフォックストロット_考察

Wed, 25 Jul 2018 16:00:28 JST (1594d)
Top > ウィスキーフォックストロット_考察
ういすきー.jpg

概要

中距離を得意とするオスカーの兄貴分。
ロールはアタッカーであり、公式では万能型 アサシン イージーだ。
…寝ぼけたことを言わないでほしい。
まず、万能型という程の総合性能や対応力はない。次に、アサシンという程の隠密能力や機動性は無く、奇襲的なバーストダメージも出しにくい。更に、エイム力が要求される行動が多く、「困ったらぶっぱなしとけばOK」という技もないので、操作もイージーとは言い難い。説明が一つもあってない珍しいキャラである。書く事が無かっただけじゃなかろうか
そう書くと弱そうだが、メイン攻撃は射撃として比較的良水準かつ、範囲攻撃スキルも持ち合わせているので、前線を支えるプッシャーとしての活躍は十分に期待できる。

 

以前は、説明詐欺に加え、特にオスカー(弟分)と比べたときの、見た目通り粗悪品感漂うメイン武器とスキル群から、「クローンの欠陥兵士というのも納得」「実際弱い」「空気」等と散々な評価を受けて(愛されて)いた。しかし、そのオスカー他ライバル達が強すぎただけで、今ではその多くが弱体化されたことや、武器やスキルがただの粗悪品から元一級品感がギリギリあるくらいには上方修正された事などにより、相対的な立場はかなり改善されている。うっかりこの歴戦の傭兵感に惹かれてしまったスパイマスタープレイヤーは、遠慮なく使ってやって欲しい。

 

キャラ相性

※項目の編集について (^_-

+  ...

この項目では、敵として苦手なキャラ、いると助かる味方キャラなどを
目安として記載していく欄です。
味方でいれば必ずこのキャラをピックしなければならない、
敵に相手がいたら必ずこのキャラが相手しなければならない、等の
セオリーを強制するような記載は控えてください。
もし上記のような記載がされていた場合、管理人判断で予告なく削除する場合があります。

 
  • 味方チーム
    概要の通り、キャラ性能上はプッシャーである。このサイトでアサシンに求められている要素(CC技と高火力技による高いキル能力)はないが、一応高レベル時には高火力を出す手段もあるにはある。
     
  • 敵チーム
    大きな的には火力を出しやすいultや、比較的高頻度でウーンド付与が出来ることから、タンクには他プッシャーと比べ強い面がある。一方、中距離の射撃戦で強いスキルが無く、相手プッシャーとの撃ちあいでは、他キャラより技術を要求される。
 

基本武器

メイン武器 タクティカルライフル

装弾数30発。3点バースト射撃で、一発一発の威力(DPS)は割と高め。
若干の反動があり、またリロードも早くは無いが、見た目の割にクセは小さい。

以前は3点バースト1セットで射撃が中止される仕様で、その連射しにくさから当てにくさは勿論、DPSそのものまで悪かった。今ではアップデートにより、攻撃ボタン押しっぱなしで撃ち続けられるようになり、使い勝手と、実質的には威力も向上している。
しかし、連射するとたとえADSをしていたとしても少し弾が散ってしまい、命中率が低下してしまう。近距離ではフルオート、遠距離では指切りで(射撃ボタンから指を離して)対応しよう。

弾の視認性が低いので、相手プレイヤーのヘイトが向きにくい。

サブ武器 ADS

照準を覗き構えて命中性を高めるが、歩く速度が落ちる。
レベル3でスコープのヘリックスを選ぶ事により、ADS中は射撃の距離減衰が緩和され
集弾性も高まるため、ちょっとしたスナイパー気取りでの射撃も可能。

クイック攻撃

ナイフでブスリと刺す見た目が凶悪な攻撃。
ただし見た目だけなのでダメージが高いとか連続攻撃できるとか動作が早いなどはなく
クイック攻撃の中ではごく平均的な性能。
プッシュバックできるので寄られたらブスリと刺して後ろを向いて走ろう。
当たり判定の関係上、クリティカルが出やすいという地味な特徴を持つ。

パッシブ-コンバットリズム

敵(ミニオンやバトルボーン)を倒すたびに攻撃ダメージが10秒間、25%増加する。
コンバットリズムの発動中は画面下からオレンジの三角マークが上昇するエフェクトが見える。
敵を倒す他、構造物(大シャード、タレット、アンブラのサンスポット、クリースのリフトなど)
を破壊することでも発動する。
「攻撃ダメージ」の上昇で、スキルのダメージは増加しない。
オーバードライブはメイン攻撃扱いでもあるため増加する。

スキル

スキル1-スティッキーボム

爆弾を射出し、触れた壁や敵ユニットに吸着して3秒後に200程度の範囲ダメージを与える。挙動が変わるヘリックスに、
Lv1で吸着時にスロー付与
Lv4で三連射か三発同時撃ちか吸着時追加ダメージ
Lv6で爆発地点にダメージ床
がある。他、クールダウンや威力、射出速度UPなどもある。
攻守どちらにも有用で、使いこなせば対ミニオンでも対人でも活躍する、ウィスキーの持つスキルで一番頼れるものだろう。
連射やダメージ床の付与により、結構な範囲ダメージを稼げる。対ミニオンでは比較的優秀なスキル。爆発の遅延も、ミニオン相手なら予測して撃つなり、くっつけるなりしてカバー出来るだろう。
レベル1からスローを付加できるため、対人では攻撃の起点になる。オスカーのグレネードとの大きな相違点で、ウリでもある。ただし弾速が遅いため、背後あるいは近距離でないと当てにくい面はある。

知っておくとお得な情報としてアイザックの弾反射など、反射される事なくくっつけられる。

スキル2-スクラップキャノン

ライフル下部から斜め下方向に向けて飛ぶ壁に当たると反射するショットガン風のキャノンで、分散するため遠距離ではダメージが落ちる。
ダメージを目的に見ると物足りない面の目立つスキルだが、バフ&デバフ技としての性質が強いスキルであり、命中時のウーンド(回復阻害)に加え、
Lv1でプッシュバック
Lv2で可視化&与ダメージ増加か、ストックして連続発射
Lv8で威力範囲強化か射程強化
が追加できる。
クールタイムが10秒と短く、ベアトリクスに次ぐ優秀なウーンドばらまき要員となれる。(デフォルトでウーンド持ってるキャラはそんなに多くない。)
lv2左ではメイン射撃の火力が上げられるため、多くの場合、対象に攻撃前に当てておいて、素早くダメージを稼ぐ要領になるだろう。
Lv2右はチャージは必要だが、長時間のウーンド維持目的での使用があり得るほか、Lv8で威力を強化した場合、至近距離での全段発射でそこそこのバーストダメージが出るようになる。

 

以前は「名前の通りゴミのような性能」「間違いなく一番弱いスキル」などと言われていたが、デフォルトでのウーンド付与により、一定の立場・役割を得た。

アルティメット-オーバードライブ

装弾数75発を装填して、射撃がフルオートで連射できるようになる。
射撃威力はメイン攻撃と同じで射撃キャラでは最大級のDPSとなる。
ただし発動準備に数秒の時間がかかる。反動が大きく狙いをつけづらい。
撃ち終わった後もリロード時間がある。動作中にノックバックやスタンなどを食らうと効果が切れる。効果は消えなくなったが、これらを食らえば攻撃どころではないし最悪デス一直線なので大差ない。
と、その真価を発揮するにはなかなかタイミングが難しい。
その分、全弾命中する相手へのDPS・総ダメージはなかなかで、例えば1stセントリーにぶっ放せると、素でもシールドを半分以上、パッシブやギア、レベル次第ではシールドを剥がしきってしまうほどの火力がある。
スキルによる通常射撃のため、ギアによる強化は攻撃ダメージ・スキルダメージ共に反映される。
展開中にスティッキーボムが発射可能(スクラップキャノンは使用不可能)な為、積極的に狙っていこう。

おすすめへリックス

レベル1:左(スティッキーボムが命中した敵がスローになる)
序盤に甘えて突っ込んできた近接アタッカーに直当て出来れば儲け物である。

レベル2:左(スクラップキャノンが命中した敵に与えるダメージ上昇)
パッシブ効果など、ウィスキーの真価は1体目のミニオンを破壊しないと発揮されないため、
ミニオンを素早く処理出来るこのへリックスは有効。

レベル2:右(スクラップキャノンを最大3つまでストック)
スクラップキャノンのクールダウンが完了しても内部的にクールダウンが継続し続け、最大3回分までストックすることができる。
ストックされたスクラップキャノンの数はライフルの上部にこっそり表示されていたりする。
ただ素のスクラップキャノンが連射できたところで大して役に立つ場面はないので、レベル1でノックバック効果を取っている場合専用となる。
※バージョンアップでスクラップキャノンにウーンド(回復阻害)効果がつくようになれば存在価値が大幅に上がる可能性あり

レベル3:左(ドットサイト)
デフォルトのヘボいアイアンサイトがドットサイトに換装される。
ADS時の移動速度が向上し、構えてる時と構えてないときの移動速度が同じになる。
これによってリロード時とダッシュ時以外は常に銃を構えてウロウロできるようになり、中近距離での戦闘能力が向上する。
また、ゲーム画面ではなぜか移動速度upだけ太字表示されているので忘れられがちだがADS時に射撃レートupの効果もある。※アップデートでなくなった模様。
スコープではなくこっちを選択すると中近距離で戦いたくなるが、ウィスキーは逃げスキルが無いため調子に乗って前に出るとあっさり死ぬので注意。
というかドットサイト選んで死にまくるくらいなら大人しくスコープで後ろから削ったほうがいいです。

レベル3:右(スコープ)
デフォルトの忌々しいアイアンサイトがスコープに換装される。
中遠距離での命中率が大幅に上昇してウィスキーのライフルの本来の性能を引き出せる。
威力減衰距離も伸ばす事ができる為、取得前より遠く離れた場所へのダメージUPになる。
とはいえ、離れすぎては距離減衰がかかるので
近づきすぎず(死ぬから)離れすぎず(ただでさえ空気なんだから)適切な距離で戦いましょう。

レベル4:左(グレネードが3連射になる)
ポンポンポンとボムを3連射する、一発ごとに早めのエイムを行えばボムの設置点をかなり動かせるのが強み
一発あたりのダメージは半分になるが3発での合計ダメージは1.5倍
ナパームと組み合わせて広範囲を焼くのが主な目的だが
たとえ同一地点に3つ重ねたからといってナパームのフィールドダメージがいっきに3倍!なんてことにはならないので注意
重ねてもフィールドダメージは一つのフィールドからしか受けません

 

MIRVとの違いは3発とも任意でのエイムができるという点

レベル5:中央(敵を倒すとライフ回復。ミューテーション,ランク3)
継戦能力上昇のため。しぶとさが増す。

レベル6:中央(スティッキーボムがナパーム弾になる。ミューテーション,ランク5)
オスカーさんがレベル2で取れる能力と同じ。ミニオンがじわじわ焼ける。
Lv4で左(3連射)か中央(3つに分裂)を取っていると各ボムそれぞれにナパームが発生して広範囲を焼くことができる。
同一対象にそれぞれのナパームがヒットすることはなくあくまで一発分の継続ダメージである。

へリックス考察

Lv1

  • 左 【ウェイドダウン】
    スティッキーボムが敵にくっつくとスロー3秒。性質上、スロー後に爆発ダメージが確定する。当てることは難しいが、遠距離から狙った敵にスロー付与できるのは非常に強力。逃げる敵プレイヤーへの追撃、ミニオンの足止めなど幅広く使える。
  • 右 【フラックオフ】
    スクラップキャノンにプッシュバック効果追加。逃げスキルがなく、近接戦が不安なウィスキーの身を守ってくれる嬉しい効果。相手の近接が上手な場合などに有効だが、このヘリックス一番の難点は、この判断をLv1でしなければならないこと。
  • 中 【シールドスクラップ】
    スクラップキャノンにシールドボーナスダメージ50%。スクラップキャノンの元々のダメージがあまり高くないため、恩恵は少なめ。シェパードのオバシが一発で剥がれたらよかったが、そんなことはなかった。弾頭が青色になるため綺麗。

Lv2

  • 左 【スイスチーズ】
    スクラップキャノンヒットで可視化&タクティカルライフルによるダメージアップのデバフ付与。ダメージ上昇率が高く、火力アップが見込める。また、クールタイム10秒に対して効果時間が8秒もありガンガン使っていける。ミニオンに当ててパッシブの発動を早めてもよし、パッシブと合わせてゴリゴリ削ってもよし、ステルスキャラのあぶり出しに使ってもよしと使い勝手はとても良い。
  • 右 【スクラップバンク】
    スクラップキャノンを3発までチャージできる。ウーンド効果がついたことにより選択する価値がup。継続して当てることによる最大16秒のウーンドは強力。ベアトリクスと違い、ウイスキーは火力を出すこともできるため、敵タンクに強い圧力をかけられる。もちろんLv1で右を取っている時にも保険として役に立つ。

Lv3

上記のおすすめヘリックスを参照

  • 左 【レッドドットサイト】
    レッドドットサイトを装備。スコープと違い視界が広いので、周りの状況が把握しやすい。
  • 右 【スコープアップ】
    ACOGスコープを装備。
    ADSにズームが追加され。ADS中のみ威力減衰する距離が遠くなる。
    腰だめで撃って視界と遠距離火力の両立というようないいとこどりはできない仕様になっている。
    威力減衰距離が伸びるので結果火力UPに繋がる。

Lv4

  • 左 【トリプルスレット】
    スティッキーボムを三連射、一発のダメージは半分に。このヘリックスの利点は三発を任意の場所に撃ち分けられること。一つの的に集中させてダメージを稼いだり、Lv6中と合わせて縦に撒き、ナパームの道を作ったりすることもできる。ボムをくっつけるチャンスも三倍である。
    デメリットは3連射分のモーションのため動作時間がながくスイスチーズやパッシブの時間を浪費してしまうことと、一発あたりの爆発ダメージが下がる事。
  • 右 【スティック&サップ】
    スティッキーボムをくっつけると継続ダメージ。エイム力を要求されるが、非常に強力。シールドに対するボーナスもあるため、継続ダメージでほとんどのキャラのシールドを剥がし、爆発ダメージをライフに確実に与えることができる。自信がある人は是非取ってみよう。
    メリットは一発で火力を出せる事と盾持ちのガードのうえからでも持続ダメージが効く事とモーションが一発分でよいこと。
    デメリットはスロー目的の場合一発で当てる必要がある事とナパームを複数設置する事ができなくなる事。
  • 中 【スティッキーMIRV】
    スティッキーボムが空中で3つに分裂。左と比べて真横にしか広がらないため自由度は低め。同じように使いたければ少し工夫が必要となる。このヘリックス最大の利点はくっつけやすさ。真横に広がるため、多少狙いがずれても分裂した弾が引っかかってくれる。左よりも発射の隙が少ないこともメリット。分裂前にくっつけると噴水のようにそこから3つに分かれる。
    デメリットは左と同じで一発あたりのダメージの低下と遠くを狙う場合分裂した時点からガイドより軌道が落ちるため狙い通りの場所に落とすには慣れが必要。

Lv5

  • 左 【リロードバースト】
    パッシブ発動中リロード速度アップ。結構リロード速度が上がる。パッシブ発動中という一番弾を撃ちたい時に隙が小さくなるのは嬉しい。ガンガン弾をばらまいていこう。
  • 右 【スピードバースト】
    パッシブ発動中移動速度アップ。足取りが軽くなることによりちょっとした射角の調整などがスムーズになる。利点を最大限に生かすならLv3は左推奨。ただし、一番移動速度が上がって欲しい敵に狙われている時にはなかなか恩恵を受けられないため注意。
  • 中 【キラーリジェネ】
    パッシブ発動中ライフ継続回復。秒間22という結構な回復量により、ちょっとしたダメージは気にならなくなる。レーンに居座れる時間が増え、結果的によりプッシュ力が増す。

Lv6

  • 左 【フラックバック】
    スクラップキャノンを撃つと後方にジャンプ。ソーンメルカに代表される後方移動効果。しかも、それらよりも移動距離が大きい。ウィスキーにあるまじきアクロバティックな動きが可能となり、無限の可能性を感じさせる。Lv1右と合わせることで近接拒否力もup。
  • 右 【スティッキースピード】
    スティッキーボムのスピードアップ&射程距離アップ。速度上昇によりくっつけやすくなる。また、射程が延びることによりウイスキーの身をさらさず安全圏から狙うこともできるようになる。
  • 中 【ナパーム弾】
    スティッキーボムの爆発地点が燃え、燃焼ダメージ。おすすめヘリックスの欄で述べた通りのダメージ床設置。スティッキーボムの仕様上、くっついた時のダメージアップとしても見なせる。

Lv7

  • 左 【テープドマガジン】
    リロード速度が2回に1回早くなる。このヘリックスをとることにより早いリロードと通常リロードを交互に繰り返すようになる。すべてのリロードがまんべんなく早くならないところにウィスキーらしさを感じる。リロード速度アップギアなどと組み合わせると気分は60発マガジンである。
  • 右 【4点射撃】
    1回の射撃で発射される弾が4発になる。弾が1発多く発射されるようになりDPSが上昇、より短時間でダメージを稼ぐことができるようになる。同時に弾数が増えることによる反動の変化、マガジンの最後が端数になってしまうなどの使用感の変化も起こってしまう。腕の見せ所である。
  • 中 【シールド貫通】
    通常射撃にシールド貫通効果。「Lv10にシールド貫通100%があるから...」とシールド貫通効果そのものの地味さも相まって、なかなか選ばれないだろうヘリックス。敵プレイヤーが低体力でウロウロしているときなどにどうぞ。

Lv8

  • 左 【スプレッドショット】
    スクラップキャノンの密度と拡散アップ。拡散範囲が大きくなることにより、敵にひっかけやすくなり、複数の標的に当てることも現実的になる。スクラップキャノンの追加効果をたくさんかけたい欲張りなあなたに。
  • 右 【ロングディスタンスフラック】
    スクラップキャノンの射程距離アップ&弾の拡散が小さくなる。射程距離が伸びることにより遠くの敵を狙うことが可能になる。また、弾がまとまって飛ぶようになりダメージも安定する。スクラップキャノンでもダメージを稼ぎたい欲張りなあなたに。

Lv9

  • 左 【スウィフトスティッキーズ】
    スティッキーボムのクールタイム減少。素で15秒から12秒に減少。大きいと見るか、小さいと見るかはあなた次第。ガンガン撒きたいときの選択肢。
  • 右 【ストロンガースティッキーズ】
    スティッキーボムのダメージアップ。くっつく仕様上、恩恵をより受けられる機会も少なくはない。よく狙って使用しているならこちらが良いだろう。

Lv10

  • 左 【シールド貫通】
    怒涛のシールド貫通100%。地味なシールド貫通でもここまでくるとかなり強力な効果となる。リフトであぐらをかいているクリースや、フェッチがあると慢心しているシェインなどをぶち殺してあげよう。セントリーのシールドは貫通してくれないようだ。残念。
  • 右 【オーバーオーバードライブ】
    ult時のマガジン数25アップ。ただマガジン数が増えるだけ。シンプル、ゆえに強力。総火力アップによるキルの取り逃がしが確実に減る。また、セントリーの削りあいになった時にも頼もしい。

おすすめギア

・攻撃力増加 ・スキルダメージ
アルティメットスキルが通常攻撃とスキルの同時扱いのため攻撃力ギアとスキルダメージを積むことでどちらでも強化でき、ダメージを上乗せしやすい
オスカーとのささやかな差かもしれない。
また、通常攻撃が戦闘の基本となるウイスキーにおいて攻撃力ギアの恩恵は非常に大きい。おすすめ。
 「シンバイオティック ガントレット」(レジェンダリー)
攻撃ダメージ、最大ライフ、ライフ量に応じた攻撃ダメージ。みんな大好きシンバイオ。通常射撃の多いウィスキーにおいてこの上昇量は魅力的。また、Lv5中央により体力の維持も行えるためギアの効果を最大限に生かすことができる。

・反動軽減
通常射撃、アルティメットスキルともに多少扱いやすくなる。

・建築コスト減少 ・シャード獲得
低レベル時のウィスキーは弱いため、経験値獲得量を増やせるこの二つはどのキャラにも扱いやすく
オマエ仕事してるの? みたいな疑いを建設してたから! と戦績を誤魔化せる効果もある。

・リロード時間減少
リロード時間が長いため非常に有用
 「ガラハドリック ガン グリース」(専用レジェンダリー)
リロード速度、反動、「空になった弾倉をリロードすると、次の弾倉の発射速度とリロード速度が+15%」3行目が強力でDPSが大きく向上する。ダメージ稼ぎの時、キルの時などのチャンスをより確実なものにしてくれるだろう。1行目、2行目もあって嬉しい効果。ただし、少し特殊な運用を要求されるため注意。

へリックス構成

汎用型

サポート型

 

初期の弱かったウイスキー考察はこちら

 
 

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 現状ではここで書かれてるほど弱くはないので、最近始めた人は少し安心していい。オスカーに比べると扱いづらさはあるものの、レベル5以降はバトルボーンとのタイマン性能でオスカーに勝る。特に体の大きい相手に強く、モンタナケルビンはultでガリガリ削り殺せる。評判の悪いスクラップショットも、手軽にウーンドにできる点がタンクに対する強みになる。 -- 2017-02-22 (水) 20:52:46
    • というか今のウィスキーはオスカー超えてるでしょ -- 2017-02-24 (金) 13:29:43
      • どちらが強いかは主観になっちゃうんで置いておくけど、俺もウィスキーが弱いとは全然思ってないよ。ただ使いこなすにはオスカーよりも経験や技術が必要とするから、初心者に手放しでオススメはできない。本当は説明文も変えるべきなんだろうけど、文章としては面白いし、ウィスキーに対する書き手の愛情も感じられるからどうしたもんかなとね。 -- 木主 2017-02-24 (金) 14:42:06
      • 使った事は殆ど無いけど、相手にしてて以前よりプレッシャーがあるよなぁ…。今の記述はこれからウィスキー使う人や今から使おうと思ってる人には大分勿体ないと思う。味のある文章だからこそ、愛着持ってる人に更新して欲しいね!(無責任な応援 -- 2017-02-24 (金) 20:10:48
      • 編集やりにくいなら、コメント欄に要点書いといてくれれば、それっぽく反映しときますぜ。 -- 無責任な小枝 2017-02-24 (金) 20:12:51
      • 一回全部折りたたみにして書き直す?すごくうまく纏められてるから手を出しにくくなっちゃってるよね。発売当初のバトルボーンではまさにこの通りだったからなぁ。とりま、試験的に発売当初の考察として複製ページ作って、あとは自由に加筆修正するって形なら書きやすいかな? -- 管理人 2017-02-25 (土) 00:08:01
  • ①撃ち続けること ②近づかれたら即後退 ③スティッキーの扱いは要練習 ④ODの使いどころ教えてください -- 2017-02-24 (金) 23:55:53
    • ODは近接とかが接近してきたらスローにしてからOD使えば相手近接は溶ける、 -- 2017-02-25 (土) 02:21:39
    • これ要点過ぎて変更すべき記述がわからないよ…前使ってなかったからわからんのだけど、ウィスキーは最近何が強くなったんだ? -- 無責任な小枝 2017-02-27 (月) 11:50:03
      • まずトリガー引きっぱなしでも撃ち続けられるようになったおかげで、かなりエイムが楽になり、ダメージを出し易くなった。それとスクラップキャノンのダメージが上がったうえにウーンド効果が加わったことにより、スクラップキャノンの有用性が多少高くなった。でもそれ以上にオスカーの弱体化&アーネストベアトリクス追加による近接キャラのリスク増大など、環境の変化により相対的にウィスキーの価値が上がった部分が大きい。 -- 2017-02-27 (月) 16:21:00
    • ウィスキーのultは他と比べると地味だが、それゆえに使えば確実に火力が上がることが魅力。基本的には体の大きい敵相手に使うことが望ましいが、エイムが得意であればあるほど場面を選ばず使える優秀なスキルになる。 -- 2017-02-27 (月) 16:29:49
  • この考察は現状のキャラ性能と大きく変わっているため、現考察のページを複製し、初期Verとして別ページにしました。このページの考察書き直しに関しては取消線など修正履歴は必要ありませんので、気になったものがあれば気兼ねなくガンガン書き直してくださいね。 -- 管理人 2017-02-28 (火) 19:20:23
  • 取りあえず概要をいじってみた。以降も米欄参考にいじってみるけど、昔からの愛用者ってわけじゃないんで、変なとこは容赦も遠慮もなく修正しちゃってくだせえ -- 無責任な小枝 2017-03-02 (木) 18:28:12
  • 特に専用ギアを付けてる時の、試合後半の大暴れっぷりは快感。一帯を炎上させながら体力もりもり回復しつつ、向かってくる敵にスクラップ浴びせてチーズ状態にし一気に削りきる。ダブル、トリプルキル取って炎の中挑発をかますと、ウィスキー中毒になると思います。 -- 2017-03-07 (火) 15:35:12
  • レベル6ヘリックスの左で高台に登れる。ただ、ナパームを犠牲にしてまでとるかと言われれば微妙 -- 2017-09-17 (日) 06:51:00
  • ヘリックス考察がなかったため今更ながら追加。主観増し増しなため自由にいじってくれ! -- 2018-04-03 (火) 00:12:07
  • ドットサイトの射撃スピードっていまも上がるの? -- 2018-05-20 (日) 13:13:19
    • 上がってない気がする -- 2018-05-21 (月) 09:06:10
  • ACOGと専用ギア付けて撃ちきりリロードで攻撃速度上がってる時にAIMでフルオートで撃つと後半ドットより上に弾が上がって狙ったところに弾が飛んでいかないんだけど皆専用ギア使ってますか? -- 2018-05-27 (日) 11:00:45
    • 多少の不便は慣れでなんとかなるから必須くらいに思ってる -- 2018-05-31 (木) 23:26:21
  • こいつのスコープに距離減衰距離のばす効果なくない?ヘリックス考察のところ -- 2018-07-25 (水) 11:43:42
    • ヘリックス説明には書いてないだけで距離減衰距離延長効果はあるよ。トレーニングの道場でスタート地点からミニオン撃ってみ? -- 2018-07-25 (水) 15:37:25
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White