デアンド_考察

Mon, 17 Jul 2017 18:46:16 JST (1966d)
Top > デアンド_考察
金髪お姉さん.jpg

概要

スパイマスターにして、本作のヒロイン(?)
スキル構成は、ホロツインによる高い逃走能力、バーストダッシュによる敵攻撃力弱体、ULTによる複数の敵の足止めとなっている。
アサシンとあるが、他のアサシンと比較して火力を出すのに制限が多く、一人でキルまで持っていける状況を選ぶ。一方、CCが強力で生存力もどちらかというと高い部類のため、敵の攻撃を軽減し逸らしつつ、隙を作り出すという点で、味方からするとタンクやサポーターに近いような役回りが可能。
単独の敵を複数人で襲うのに適した能力で、スパイのイメージに反し敵集団に単身乗り込んでの暗殺は厳しい。味方の支援をする感覚で使ってやりたい。

キャラ相性

※項目の編集について (^_-

+  ...

この項目では、敵として苦手なキャラ、いると助かる味方キャラなどを
目安として記載していく欄です。
味方でいれば必ずこのキャラをピックしなければならない、
敵に相手がいたら必ずこのキャラが相手しなければならない、等の
セオリーを強制するような記載は控えてください。
もし上記のような記載がされていた場合、管理人判断で予告なく削除する場合があります。

 
  • 味方チーム
    概要の通り、純粋なアサシン枠ではなく、半アサシン半サポーター位で見るのが丁度良い。多くの近接アサシン勢と違い、強引なキルは狙いにくい分、サブ攻撃が遠距離攻撃なうえ、離脱技も高性能なため、レーン上に居場所を作りやすく、ミニオン処理に参加し経験値を稼げるのはポイント。プッシャーの負担を和らげつつ、隙を見てのultでキルのチャンスを提供していこう。勿論、単独で出てきた敵が居れば逃がさず仕留めたい。
    なお、デコイは本当にプレイヤーキャラそっくりで、味方も注意深く見ないと区別がつかない。不用意に使うとピンチと勘違いされたりするので注意。
    • ミコ(他ヒーラー)
      デコイの運用に特に注意が必要。いち早くライフの減った仲間の回復に行けるよう、ヒーラーは味方のライフを特に良く観察するものだが、デコイのそれはプレイヤーと区別がつかず、ピンチと勘違いされたり、逆に本人のピンチをスルーされたりしてしまう可能性がある。デアンドと組むことに慣れたヒーラーならばよいのだが、前線の微妙な位置でデコイを出したり、デコイと共闘するような動きをすると特に混乱させやすいので、ある程度は気をつかってやりたい。
       
  • 敵チーム
 

基本武器

メイン武器

サブ武器

パッシブ

説明には全く記載されていないが、メインとサブ攻撃にライフスティール15%が付いている。
(Lv3右のヘリックスを取ると10%増えて25%になる)

スキル

スキル1 ホロツイン

ステルスと同時に、自律行動する分身を生み出す稀有な技。
ホロツインを接敵前に使って本体は敵の後ろから攻撃しキルというような、攪乱や陽動に使いたくなるが、デコイは本体と比して、HPが低く、攻撃力も低い。目の前で使うと流石にバレるし、デコイの行動は特徴的かつ単調ため、デコイを最初から突っ込ませるとデコイがダメージをロクに与えられない(使った意味がほとんどない)という結果になりがち。また、戦闘前にステルススキルが無くなるため、攻撃後に自身が離脱できない可能性も出てくる。どちらかというと、戦闘中に変わり身する、追撃および離脱を狙う使い方のほうが、ステルスによる逃走能力とデコイによる攻撃能力を上手に生かせるだろう。
なお、ステルスで敵集団に入りULTで足止めを行い味方にキルしてもらうというようなこともホロツインによって可能。ただ、もし味方が連携してくれないとホロツインによる逃走ができず、敵に袋叩きにされることになるので仕掛けるときは、必ず、味方の近くで、マーカーを鳴らす、パーティーであれば声をかける等したいところ。

スキル2

発動までに結構長めの溜めがあるうえダッシュ距離も短いため当てるのに一苦労する

Lv1の範囲ヘリックスを取得すると非常に当てやすくなるが
こちらはこちらで全弾命中で表記通りのダメージがでるタイプに特性が変更されるため一長一短である
(フルダメージまで2秒ほど)
モーションから上方向への判定は弱そうに見えるが、実は判定は円柱状にかなり上まででているため
飛んで逃げているベネディクトの追撃に使える場合も多い

なお範囲化すると攻撃判定消失後に0.5秒ほどスキル使用ができない時間があるため使いどころには注意

アルティメット

スキルの仕様が、正面「範囲内の敵に10回攻撃」の為、複数の敵がいる場合にはダメージがその人数で分散する。
確殺取れたと思ったらミニオンがひょっこり範囲内にいて逃げられたなんて事も。
範囲内であれば壁越しにもあたる
Killを取るための技というよりは、範囲スタン技として乱戦の只中にぶっ放すと一気に戦線を崩せることもある

へリックス考察

Lv1

  • 左 【ダブルトラブル】
    ホロツイン発動時移動キー入力方向にデアンドが跳躍する。
  • 中 【ワンダーツイン】
    ホロツインの分身によるダメージの25%ライフスティール。
    継続戦闘能力の向上が見込めるあって困らない効果。
    逃げる時にホロツインを使った場合ライフを回復しつつ逃げれる様になるのでかなり心強い。
  • 右 【グラウンドゼロ】
    バーストダッシュが短距離突進単発技から範囲多段技に変わる。メリットデメリットがあるので取得は運用や好みによって分かれる。
    メリット
    ・範囲化によりかなり当てやすくなる。
    ・ミニオンの群れに対して全体に攻撃する事ができるので経験値効率が上がる。
    デメリット
    ・全段(3HIT)当てないとダメージが落ちる。
    ・範囲化によりクリティカルが出なくなる。
    ・上方向に向けた時の突進移動を利用した段差登りができなくなる。
    ・バーストダッシュ>Ultと連続で出す場合、突進の時と比べ直ぐにUltが出ない。

Lv2

  • 左 【安全装置解除】
    分身の攻撃ダメージが25%増加してライフ20%攻撃50%となる。
    ホロツインからUltに繋いだ時スタン中の敵に分身が攻撃してくれる事を考えるとこちらの方がオススメか。
    LV1中との相性もいい。
    消滅時の爆発ダメージは増えない。
  • 右 【リファインドエミッター】
    分身のライフが30%増加してライフ50%攻撃25%となる。
    どのみち時間で消える事や、発動時のライフの50%となるので低ライフで発動する程恩恵が少なくなる事を考えると左と比べて微妙か。
    ダメージソースとしてより少しでも囮として運用したいなら。

Lv3

  • 左 【ファンアプリシエイション】
    サブ攻撃の軍扇の威力が18%上昇。
    敵や味方の編成次第でサブ攻撃の頻度が増えそうなら。
  • 中 【アッパーカット】
    メイン攻撃のラストの攻撃モーションがかわりアッパーカットになりウーンド1.5秒を付与できる。
    ウーンド要員がほしい時に。
  • 右 【リーチスチール】
    デフォルトでもっているメインとサブのライフスティールが10%上昇し25%になる。
    継続戦闘能力があがるので被弾の免れない近接にとってはありがたいヘリックス。
    LV4左取得時シールドがなくなる案件をライフスティール量を増やすことにより緩和できる。

Lv4

  • 左 【計算されたリスク】
    バーストダッシュ発動時にシールドが消滅する代わりにシールド残量の50%をダメージに変換する。シールドがMAXの300の時に出せば150ダメージUPということになる。
    このヘリックスの真価はパッシブのステルス解除から5秒間25%すべてのダメージUPとシールド容量UP&スキルダメージUP等のギアを組み合わせる事により発揮される。
    条件が揃えばバーストダッシュだけで800以上のダメージをたたき出す事ができるようになる。
    詳しくはバーストダッシュ特化型の項目にて
  • 右 【ドレインダッシュ】
    バーストダッシュにライフスティール50%付与
    悪くない効果だが左の計算されたリスクの爆発力が優秀すぎて選ばれる事はあまりない。

Lv5

  • 左 【サイレントストライク】
    ステルス解除から5秒間デアンドの攻撃がスロー3秒を付与する。
    ステルス解除から5秒間デアンドの攻撃が25%UPするパッシブとの相性が良好でオススメ。
  • 中 【ビーストオブモメンタム】
    敵を倒すと移動速度5秒間10%上昇。ミニオンでも可。
  • 右 【ローグライク】
    ステルス解除から3秒間、敵の背後からの近接攻撃25%UP。
    上昇値は大きいが上級者ほど背後の攻撃には直ぐ反応して振り返るので3秒間フルで恩恵を受けれるという場面は少ない。

Lv6

  • 左 【バーストブローラー】
    バーストダッシュの威力15%UP。
    バーストダッシュ特化型ではLV4左と同時取得によりUlt並みの威力になっていく。
  • 中 【怒りのエコー】
    ホロツイン消滅時の爆発ダメージ15%UPとその際スロー3秒付与。
    爆発ダメージは範囲も広く威力も高いのでこちらも悪くない。バーストダッシュ特化型以外では選択肢に。
  • 右 【エスケーププラン】
    ホロツイン発動で移動速度5秒間30%UP。
    攻めにも逃げにも有用で悪くない。バーストダッシュ特化型以外では選択肢に。

Lv7

  • 左 【ウォーファン】
    メイン攻撃の威力18%UP。安定した火力UP。
  • 右 【ザカリング】
    弱体化された敵、すなわちバーストダッシュを当てたあとの5秒間その敵に与えるダメージが23%UP。(デアンド本人だけ)
    条件つきだが爆発力ではこちらが上まわる。
    バーストダッシュからの即Ultはステルスから行えばかなりの威力になる。
    バーストダッシュを範囲化してた場合2.3HIT目に適用されると強いのだがそんな事はなかった…残念。

Lv8

  • 左 【デッドリーリーチ】
    バーストダッシュのダメージ判定が40%拡大される。
    突進の場合は見えない衝撃波が前方に発生してるような感じで、ミニオンの群れ全部に当たるほどになる。
    範囲化の場合は当て易さがさらに向上し敵プレイヤーが二人以上近くにいる時両方にダメージを与える事が容易になる。
  • 右 【エナジャイズ】
    バーストダッシュのクールタイム25%短縮。デフォで18秒なので4.5秒の短縮になる。

Lv9

  • 左 【改良型ホログラフィー】
    ホロツインのクールタイム25%短縮。デフォで28秒なので7秒短縮になる。
    ホロツインはUltを抜いたスキルの中では全キャラ中、最長のクールタイムなので25%短縮の恩恵は大きい。
  • 中 【デフトハンズ】
    バーストダッシュにシールド貫通50%付与。
    バーストダッシュ特化型と相性はよさそうだがLV9のヘリックスは左が優秀なので微妙な所。
  • 右 【リンガリングライト】
    ホロツインの活動タイムが7秒追加される。デフォで8秒なのでHPが持つなら倍近く存在する事になる。
    これを取得するならLv2は右を取ったほうがいいだろう。

Lv10

  • 左 【ドッペルゲンガップ】
    説明文ではUlt発動中に分身が発生すると書かれているが、現状(2017/07)ではUlt発動後に分身が発生するようになってるのでUlt中の火力が分身により上がるという事はなくなった。
  • 右 【ギャザリングストーム】
    Ultで敵を倒した場合最大で10秒クールタイムが短縮される。倒せないと発動しないので左のほうがオススメか。

おすすめギア

前線に常時居なければならないキャラではなく、シャード回収に行く時間は作れるだろう。味方や構造物との兼ね合いも見つつ、サポーターとして見るなら軽めに、アサシンとして働くなら0コスシャードの使用を検討しつつまとめておくと良い。

  • 攻撃速度、攻撃ダメージ
    攻撃の基本が扇子を投げる、扇子で殴るになりがちなので攻撃速度アップや、攻撃力アップがあるとチャンスを生かせる場面が増え助かる印象。
  • 移動速度、ダッシュ速度
    デアンドは微妙に足が遅いので移動速度かダッシュ速度アップを用意しておくと逃げる敵への追撃能力が上がる。
    • 「ブルートブーツ」
      「5秒おきに近接攻撃を当てるとスローを付与」する近接キャラには非常に有用なギア。
      ステルスで近づけるデアンドは、ミニオンを巻き込まず狙った敵を攻撃しやすいため、特に有用。
      弱体化調整が入り10秒おきになってしまったため、現状はあまり有用ではない。
  • シールド耐久力最大
    ヘリックスでバーストダッシュにシールドダメージ追加を選ぶのなら。

※補足:レジェンダリーギア「パシファイアー」の弱体化効果ではヘリックス効果でのダメージブーストはされない。

へリックス構成

汎用型

バーストダッシュ特化型

バーストダッシュは威力に特化することでちょっとしたULT並みの威力を出せるようになる。ギアとあわせて紹介する。
へリックス
LV1
どれを選んでもいいが、右 グラウンドゼロを取るかどうかでバーストダッシュの形態が変化するため、どちらが自分にあっているか把握しておこう
LV4:左 計算されたリスク
このビルドの軸となるへリックスで当然必須。シールドを全て消費し、その半分の値をバーストダッシュのダメージに加算する。デフォルトで最大150加算だが、後述のギアによってさらに多くのダメージを加算できる。
LV5
最大火力を求めるならばローグライクだが、スロウ付与も強いためバランスを考えて左 サイレンとストライクでもよい
LV6:左 バーストブローラー
準必須
LV8
バーストダッシュの範囲が広がる左 デッドリーリーチとより頻繁に使えるようになる右 エナジャイズどちらも有用。戦況に応じて選ぼう
ギア
シールド耐久力最大値UP
リロード速度マイナスの0コストコモンギアがおすすめ。シールド最大値が140アップするので計算されたリスクの効果でバーストダッシュの威力をさらに70加算できる。
レジェンダリ:カムバック キング
シールドが消失したときに自身の周囲に140ダメージを発生させる。計算されたリスクの効果でシールドがなくなったときにも発動するので実質バーストダッシュ140加算。
上記二つが必須級。あと一枠はスキルダメージアップでさらにダメージを増やしてもいいが、私は速やかにカムバックキングを発動させるため0コストのボーナスシャードギアを使っている。

運用方法
接近する前にシールドを削られてしまうと威力が低下してしまうので、ステルスで近づくのが基本となる。ステルス状態から撃つとパッシブの効果ものるのでさらに威力が上がる。威力はLV4時点ですでに500以上、LV10なら800ぐらいある(特大シャードやシールド付きタレットを殴った際の体感です。だれかしらべてくだs)。バーストダッシュで奇襲した後すぐにブリンクストームで追撃すれば並の体力のキャラクターはHPマックスからでも持っていける。ミニオン程度ならステルスも必要ないためミニオン処理が非常に速やかに行える。

 

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ブリンクストームは正面「範囲内の敵に10回攻撃」の為、複数の敵がいる場合にはダメージがその人数で分散する。確殺取れたと思ったらミニオンがひょっこり範囲内にいて逃げられたなんて事も。範囲内であれば壁越しにもあたる。 -- 2016-06-23 (木) 11:24:24
    -デアンド概要について ロールはアサシンとあるが基本的に火力不足であり、一人でキルまで持っていける能力は低い。後述のスキル構成からどちらかというとサポーターに向いていると思われる。 スキル構成は、ホロツインによる高い逃走能力、バーストダッシュによる敵攻撃力弱体、ULTによる複数の敵の足止めとなっている。そのため、弱体を敵に付与しステルスで逃げる、ステルスで敵集団の懐に入りULTの足止めによる味方のキル支援というようなサポーター的な立ち回りがむいていると思われる。 -- 2016-07-24 (日) 12:31:27
  • ホロツインについて ホロツインを接敵前に使って本体は敵の後ろから攻撃しキルというような使い方も頭に浮かぶ。しかし、デコイは本体と比して、HPが低く、攻撃力も低い。そのため、デコイを最初から突っ込ませるとデコイが攻撃ダメージを与えらないうえ、デコイ爆発ダメージも与えられないという結果になりがちです。また、デコイを突っ込ませた結果自分はステルスで逃走できずやられるというような結果も起こりやすくなります。このような、結果は避けたいものです。まずは、本体で接近しバーストダッシュをあて、次に本体のシールドがなくなったら、デコイに戦闘を任せ自己は後退するか、デコイと二人で攻撃し倒しきるか、離れて扇子投げで追撃するというような、戦闘中に変わり身する使い方のほうがデコイによる逃走能力と攻撃能力を上手に生かせるかもしれません。 なお、ステルスで敵集団に入りULTで足止めを行い味方にキルしてもらうというようなこともホロツインによって可能です。ただ、もし味方が連携してくれないとホロツインによる逃走ができず、敵に袋叩きにされることになるので仕掛けるときは、必ず、味方の近くで、マーカーを鳴らす、パーティーであれば声をかける等したいところです。 -- 2016-07-24 (日) 12:33:39
  • サブ攻撃の扇投げは距離減衰がない模様。サブよりもメインのほうが攻撃力が高かったです。LEVEL1でスロールガンナーに当てたところサブが55、メインが75ほどでした。 -- 2016-07-24 (日) 22:11:11
  • 追記 一撃を与えただけですのでDPSははかっていません。 -- 2016-07-24 (日) 22:16:24
  • おすすめ?ギア デアンドは微妙に足が遅いので移動速度かダッシュ速度アップを用意しておくと逃げる敵の追撃能力がより上がる。攻撃の基本が扇子を投げる、扇子で殴るになりがちなので攻撃速度アップや、攻撃力アップがあるとチャンスを生かせる場面が増え助かる印象。もし、ヘリックスでバーストダッシュにシールドダメージ追加を選ぶのならシールド耐久アップも相性がいい。 -- 2016-07-25 (月) 14:20:17
  • 近接攻撃でもクリティカルは発生します。ジャンプして斜め下に向かって、扇子を振り回せば敵キャラクターの顔面を扇子で往復ビンタできクリティカルによるより高いダメージが期待できます(人型相手のみ)。なお、飛びながら殴ると周囲が見渡せ、地上で殴るよりも敵を見失いにくい気がします。 -- 2016-07-25 (月) 18:58:53
  • デアンドを使うとゲーム自体が途中で終了してしまうのでデアンドを使用するのは修正パッチが入るまで控えましょう。 -- 2017-04-04 (火) 18:03:12
    • 確実に落ちるわけではないようですが、一つの要素としてあるようですね。早く直してほしいなあ -- 管理人 2017-04-04 (火) 21:48:26
    • あ、もうとっくに直ってます。安心して使ってね! -- 管理人 2017-05-14 (日) 03:24:50
  • 分身にもギアの効果は発動しているのでしょうか?発動するならロンググッドバイとか楽しそう -- 2018-03-19 (月) 16:57:21
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White